ベビー服を洗う時

赤ちゃん

大人の服と洗わない

赤ちゃんの皮膚は、大人と比べると、薄くて非常にデリケートです。そのため、少しの刺激を与えるだけでも、皮膚が乾燥したり、すぐに湿疹ができてしまいます。赤ちゃんの皮膚をきれいに保つには、なるべく刺激を少なくする事が大事です。日常生活で一番、注意が必要なのは、洗濯をする時です。というのも、新品の大人用の衣類には、ホルムアルデヒドが付着している可能性があるからです。ベビー服と一緒に洗うと、ホルムアルデヒドは水に溶けやすいので付着する恐れがあります。すると、赤ちゃんの肌に炎症を起こしたり、湿疹の原因になってしまうのです。赤ちゃんの事を考えると、大人用とベビー服は面倒くさがらずに分けて洗うことが大事です。

ベビー用の洗剤を使うこと

赤ちゃんは、大人よりも汗をかきやすく、また食事などで衣服を汚しやすいです。そのため、赤ちゃんを育てるお母さんにとって毎日の洗濯は欠かせないといえます。赤ちゃんの衣類を洗濯する際は、必ずベビー用の洗剤を使わないといけないです。というのも、大人用の洗剤には、蛍光剤、香料など赤ちゃんに良くない成分が入っているからです。洗剤が付着した衣服を赤ちゃんが舐めてしまうと、とても体に悪いです。ベビー用の洗剤で洗濯する期間は、だいたい1歳半前後までが目安となります。というのも、このくらいの時期から、物を口に入れる機会が減ってくるからです。もちろん赤ちゃんによって違うので、自分の子供の様子を見て判断するといいです。

オススメ記事

妊婦

快適な妊娠生活を送る

妊娠中の生活には様々な苦労があります。身体に大きな変化がみられるので、負担のない生活を送りましょう。マタニティ下着を着用すると、ブラやパンツによる締め付けがないので、赤ちゃんにも優しい妊娠生活が送れます。

赤ちゃん用品

成長に合わせて選ぶ

子供の成長はとても早いものです。特に足の成長は早く、あっという間に大きくなってしまいます。締め付けすぎると良くないので、子供靴下を選ぶ際は注意して選びましょう。柔らかい素材のものがおすすめです。

ベビー服

肌を傷つけないことが大事

ベビー服の選び方のポイントを押さえて、赤ちゃんに快適な生活を送ってもらいましょう。服の縫い目が外側にある服を選ぶことで、肌が傷つくのを防ぐことができます。ゆったりとしたサイズのものを選ぶのもポイントです。