ベビーのお洋服管理

洋服

汚れものが出やすい時期

赤ちゃんが生まれると、親は授乳に掃除に洗濯など大忙しです。特に乳児期の中期ごろまでは胃も小さいため、お乳やミルクなどの吐き戻しも多くなります。また、便や尿などが服に漏れたり、離乳食が始まれば掴み食べや手で食べ物を触って服も触り、あちこちベタベタという日も多く、洗濯物の量はかなりのものです。赤ちゃんの服やよだれかけなどは、衛生面からもこまめに洗うことが大切です。特に乳児期は体の抵抗力も弱く、様々な菌やウイルスに感染しやすいため、清潔にしておきたいものです。洗濯の際には、ベビー用の洗剤を使用しても良いですし、気にならないなら大人用と同じ洗剤を使用しても構いません。ただし、赤ちゃんの肌にトラブルが発生した場合は、念のため低刺激な洗剤を使うとよいでしょう。

洗う前にやっておきたい事

また、赤ちゃんの衣服についた汚れは思いのほか頑固で、一度の洗濯では取り切れないこともあります。洗い残しを出さないように、洗濯の下準備をしておくと後が楽になります。ミルクなどのたんぱく質・脂質系の汚れは、台所用洗剤を歯ブラシに付けてトントン叩き込み、お湯で手洗いすると簡単に落とすことができます。また、便や尿などの汚れは、まず水洗いで汚れを落とし、その後バケツなどに洗濯洗剤と水を入れて漬け置きしておくとよいでしょう。この時、色落ちに注意しましょう。ご飯粒などのでんぷん汚れは、まず固形物を取り除いてから同じく漬け置きします。また、ミートソースなど油性の汚れには、なんとクレンジングオイルが役に立ちます。汚れを覆うぐらいの量を乗せた後、歯ブラシでトントンと馴染ませてみてください。これらの下準備が終わったら、あとは通常通り洗濯するだけで見違えるほどきれいになりますよ。

オススメ記事

妊婦

快適な妊娠生活を送る

妊娠中の生活には様々な苦労があります。身体に大きな変化がみられるので、負担のない生活を送りましょう。マタニティ下着を着用すると、ブラやパンツによる締め付けがないので、赤ちゃんにも優しい妊娠生活が送れます。

赤ちゃん用品

成長に合わせて選ぶ

子供の成長はとても早いものです。特に足の成長は早く、あっという間に大きくなってしまいます。締め付けすぎると良くないので、子供靴下を選ぶ際は注意して選びましょう。柔らかい素材のものがおすすめです。

ベビー服

肌を傷つけないことが大事

ベビー服の選び方のポイントを押さえて、赤ちゃんに快適な生活を送ってもらいましょう。服の縫い目が外側にある服を選ぶことで、肌が傷つくのを防ぐことができます。ゆったりとしたサイズのものを選ぶのもポイントです。